宅建試験過去問題 平成18年試験 問37

問37

宅地建物取引業者が建物の貸借の媒介を行う場合、宅地建物取引業法第37条に規定する書面に必ず記載しなければならないとされている事項の組合せとして、正しいものはとれか。
  1. 当該建物の瑕疵(かし)を担保すべき責任についての定めがあるときは、その内容
  2. 損害賠償額の予定又は違約金に関する定めがあるときは、その内容
  3. 天災その他不可抗力による損害の負担に関する定めがあるときは、その内容
  1. ア、イ
  2. ア、ウ
  3. イ、ウ
  4. ア、イ、ウ

正解 3

解説

この問題に対する解説はまだありません。