• Home
  • おすすめの参考書・問題集

おすすめの参考書・問題集

宅建士試験の売れ筋書籍、プラスアルファの知識が得られるおすすめ書籍をまとめてあります。こちらのページをリンクを経由してお買い物していただければ、紹介料が少しだけ当サイトに入るので運営の助けになります。

参考書編

私が受験したときは「みんなが欲しかったシリーズ」を使いましたが、売れ筋であればどの本を選んでも基本問題はないと思います。どの参考についても言えることですが1冊で宅建試験の全範囲を網羅することは難しいので、基本論点や近年の頻出論点に絞った構成になっています。基本書で内容を把握したら問題演習で知識固めを行いましょう。

過去問題集編

当サイトでも過去20年分を超える過去問題を利用できるので年度版過去問集の購入は不要と考えますが、書込みをしたいなどの理由で紙媒体で勉強したい人や別の解説が読みたい人は購入を検討してみてください。分野別や一問一答などのようにプロにより収録問題が編纂されている本は、悪問や難問を除外して重要過去問を収録しているので効率よく学習を進めるために役に立つことでしょう。

予想模試編

過去問題を学習するのに飽きてしまった人や実力試しがしたい人には、予想模試がおすすめです。これらは基本的には過去問題よりも難しく作ってあります。過去問題演習よりも点数が悪くなる傾向にありますが、点数に一喜一憂せず、法改正点の確認、法律の正しい理解、間違えた論点の復習等、今より実力をアップさせるための教材として最大限活用しましょう。

副読本

宅建関連の書籍は、宅建業法以外の法律に関しては広く浅く理解することしかできないので、試験本番でこれまでとは違う論点、細かな論点を訊かれると対応が難しいです。宅建試験だけで考えるとオーバースペックですが、各法の専門書を読むことで体系的に網羅的に理解することができます。どの本も骨太で簡単には読み進めることができませんが、読み終えた後は確実に実力アップが望めます。
【権利関係】
【法令上の制限】
【宅建業法】