宅建試験過去問題 平成18年試験 問35

問35

宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、同条の規定に違反しないものはどれか。
  1. 自ら売主として宅地の売買をする場合において、買主が宅地建物取引業者であるため、重要事項を記載した書面を交付しなかった。
  2. 建物の貸借の媒介において、水道、電気及び下水道は完備、都市ガスは未整備である旨説明したが、その整備の見通しまでは説明しなかった。
  3. 宅地の売買の媒介において、当該宅地の一部が私道の敷地となっていたが、買主に対して私道の負担に関する事項を説明しなかった。
  4. 建物の貸借の媒介において、建物の区分所有等に関する法律に規定する専有部分の用途その他の利用の制限に関する規約の定め(その案を含む。)がなかったので、そのことについては説明しなかった。

正解 4

問題難易度
肢16.3%
肢219.5%
肢38.3%
肢465.9%

解説

  1. 違反する。買主が宅地建物取引業者であるときは重要事項の説明は不要となりますが、35条書面の交付を省略することはできません(宅建業35条6項)。
  2. 違反する。水道、電気及び下水道は完備、都市ガスは未整備である場合、その旨に加え、整備の見通しまでを説明する必要があります(宅建業法35条1項4号)。この説明は全ての取引態様で必要です。
    飲用水、電気及びガスの供給並びに排水のための施設の整備の状況(これらの施設が整備されていない場合においては、その整備の見通し及びその整備についての特別の負担に関する事項)
  3. 違反する。建物の賃貸借を除き、私道の負担に関する事項の説明は必要です(宅建業法35条1項3号)。
    当該契約が建物の貸借の契約以外のものであるときは、私道に関する負担に関する事項
  4. [違反しない]。専有部分に関する規約は、それが案の段階であっても、存在する場合にはその内容を説明をする必要があります。しかし、ない場合は説明不要です(施行規則16条の2第3号)。
    当該一棟の建物又はその敷地の一部を特定の者にのみ使用を許す旨の規約(これに類するものを含む。次号及び第六号において同じ。)の定め(その案を含む。次号及び第六号において同じ。)があるときは、その内容
したがって違反しないものは[4]です。