宅建試験過去問題 平成14年試験 問15

問15

不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  1. 権利に関する登記の申請をするときは、申請人又はその代理人が登記所に出頭しなければならないので、郵送により登記申請をすることはできない。
  2. 委任による登記申請の代理権は、本人の死亡によって消滅する。
  3. 登記の申請は、登記権利者及び登記義務者が共同してするのが原則であるが、相続による登記は、登記権利者のみで申請することができる。
  4. 登記権利者及び登記義務者が共同して申請することを要する登記について、登記義務者が申請に協力しない場合には、登記権利者が登記義務者に対し登記手続を求める旨の判決を得れば、その登記義務者の申請は要しない。

正解 2

解説

この問題に対する解説はまだありません。