令和元年  問27選択肢ア

さん
(No.1)
宅地建物取引業者は、自己の所有に属しない宅地又は建物についての自ら売主となる売買契約を締結してはならないが、当該売買契約の予約を行う事はできる。

回答  ×

他人物売買において予約契約なら良いんじゃないんですか??
予約完結権を行使すれば通常の契約と同じになると思うのですが、、、

どなたか助けてください!笑
2021.10.13 17:32
しょこさん
(No.2)
私の解釈であってるかわかりませんが…
宅建業者がA、宅建業者以外がBとしたら
A→(他人物売買)→B  がダメが基本ですよね。
この他人物の部分が予定でもNGということだと思います。
※他人物売買の禁止には、売買契約の予約も含む
とわたしの教科書には書いてあります。

Cが宅建業者以外として
C→(他人物売買)→A→B  の場合は、停止条件付では確実にBに渡せないからだめ。但し、予定契約で確実にBに渡せる場合であれば、他人物売買OKです!

自ら売主となるか、買主になるかの違いですかね…?
2021.10.13 17:45
さん
(No.3)
ありがとうございます!!

勘違いしていた部分がすっきりしました!笑

試験まで残りわずかですがお互い頑張っていきましょう!
2021.10.13 18:10

返信投稿用フォーム

※宣伝や迷惑行為を防止するため、当サイト以外のURLを含む記事の投稿は禁止されています。

投稿記事削除用フォーム

投稿番号:
パスワード:

その他のスレッド