平成18年試験 問10 肢2について

かよちんさん
(No.1)
いつもお世話になっております!

平成18年試験 問10 肢2

AがB所有の建物について賃貸借契約を締結し、引渡しを受けた場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいか否かを答えよ。

AがBの承諾を受けてDに対して当該建物を転貸している場合には、AB間の賃貸借契約がAの債務不履行を理由に解除され、BがDに対して目的物の返還を請求しても、AD間の転貸借契約は原則として終了しない。

という問題の解答の図なのですが、AとBが反対ではないかな?と思います。
一度確認していただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
2021.06.11 14:37
管理人
(No.2)
画像を差し替えさせていただきました。キャッシュ問題があるので新しい画像に切り替わるまでには少し時間がかかるかもしれません。
https://takken-siken.com/kakomon/2006/10.html
2021.06.11 18:46

返信投稿用フォーム

※宣伝や迷惑行為を防止するため、当サイト以外のURLを含む記事の投稿は禁止されています。

投稿記事削除用フォーム

投稿番号:
パスワード:

その他のスレッド