宅建試験過去問題 平成27年試験 問20

問20

土地区画整理法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  1. 仮換地の指定は、その仮換地となるべき土地の所有者及び従前の宅地の所有者に対し、仮換地の位置及び地積並びに仮換地の指定の効力発生の日を通知してする。
  2. 施行地区内の宅地について存する地役権は、土地区画整理事業の施行により行使する利益がなくなった場合を除き、換地処分があった旨の公告があった日の翌日以後においても、なお従前の宅地の上に存する。
  3. 換地計画において定められた保留地は、換地処分があった旨の公告があった日の翌日において、施行者が取得する。
  4. 土地区画整理事業の施行により生じた公共施設の用に供する土地は、換地処分があった旨の公告があった日の翌日において、すべて市町村に帰属する。

正解 4

解説

  1. 正しい。「仮換地の指定は、その仮換地となるべき土地の所有者及び従前の宅地の所有者に対し、仮換地の位置及び地積並びに仮換地の指定の効力発生の日を通知してするものとする(土地区画整理法98条第5項)。」と定められています。
    よって本肢は正しい記述です。
  2. 正しい。「施行地区内の宅地について存する地役権は、宅地の上に存する他の権利と異なり、換地処分にかかる公告があった日の翌日以後においても、なお従前の宅地の上に存する(土地区画整理法104条4項)。ただし、土地区画整理事業の施行に因り行使する利益がなくなった地役権は、公告があった日が終了した時において消滅する(同条5項)。」と定められています。
    よって本肢は正しい記述です。
  3. 正しい。「換地計画において定められた保留地は、換地処分の公告があった日の翌日において、施行者が取得する。(土地区画整理法104条11項)」と定められています。
    よって本肢は正しい記述です。
  4. [誤り]。土地区画整理事業の施行により生じた公共施設の用に供する土地は、換地処分にかかる公告があった日の翌日において、その公共施設を管理すべき者に帰属する。(土地区画整理法105条3項)」と定められています。
    したがって、必ず市町村に帰属するとは限らないことになります。
したがって誤っている記述は[4]です。