宅建試験過去問題 平成21年試験 問41

平成23年以前の試験ですので金額を求める際には消費税を5%として計算してください。

問41

宅地建物取引業者A(消費税課税事業者)が売主B(消費税課税事業者)からB所有の土地付建物の媒介の依頼を受け、買主Cとの間で売買契約を成立させた場合、AがBから受領できる報酬の上限額は、次のうちどれか。なお、土地付建物の代金は6,300万円(うち、土地代金は4,200万円)で、消費税及び地方消費税を含むものとする。
  1. 1,890,000円
  2. 1,953,000円
  3. 2,016,000円
  4. 2,047,500円

正解 3

解説

本問の土地付建物の価格は消費税込みで6,300万円です。ただし、消費税は建物にのみ課されるため、消費税抜きの建物の額は、「(6,300万円-4,200万円)÷1.05=2000万円」となります。報酬金額の算定の際には消費税抜きの価格を基準とするため、売買代金を「4,200万円+2,000万円=6,200万円」として計算します。

売買代金が400万円超では、媒介の報酬額の限度は「売買代金の3%+6万円」に消費税相当額を加えた金額ですから、Aが受領可能は報酬上限は、

 (6,200万円×3%+6万円)×1.05=201万6,000円

したがって[3]が適切です。