宅建試験過去問題 平成14年試験 問27

問27

不動産登記に係る登録免許税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  1. 土地の所有権の移転登記に係る登録免許税の税率は、移転の原因にかかわらず一律である。
  2. 土地の売買に係る登録免許税の課税標準は、売買契約書に記載されたその土地の実際の取引価格である。
  3. 土地の所有権の移転登記に係る登録免許税の納期眼は、登記を受ける時である。
  4. 土地の売買に係る登録免許税の納税義務は、土地を取得した者にはなく、土地を譲渡した者にある。

正解 3

解説

この問題に対する解説はまだありません。