錯語取り消し

あきあきさん
(No.1)
今年3年目の挑戦です。このサイトをみつけ今から密かに勉強しています。
去年12月試験問7-4
錯語無効ではなく取り消しになるため誤りと解説にかいてありましたが
もし、錯語取り消しと書いてあれば答えは〇になるのでしょうか?
過去問題の図解一覧の錯誤のフローチャートを見ると
動機の錯誤があること→イェス  となりそのあともイエスになり取り消しできるのでしょうか?
錯語について理解不足ですみませんが  解説宜しくお願い致します。
2021.03.05 00:36
管理人
(No.2)
表意者であるAに重大な過失がある場合には、原則として取消しをすることができません。ただし、相手方Bが錯誤について悪意または重大な過失により知らなかった場合には取消すことができます。

本肢では前提条件が不足しているので、どちらとも判断できませんが、原則から言えば取消しできないことになるでしょう。
2021.03.06 13:51

返信投稿用フォーム

※宣伝や迷惑行為を防止するため、当サイト以外のURLを含む記事の投稿は禁止されています。

投稿記事削除用フォーム

投稿番号:
パスワード:

その他のスレッド