宅建試験過去問題 平成20年試験 問26

問26

所得税法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  1. 譲渡所得の長期・短期の区分について、総合課税とされる譲渡所得の基因となる機械の譲渡は、譲渡のあった年の1月1日において所有期間が5年を超えているか否かで判定する。
  2. 譲渡所得の金額の計算上、資産の譲渡に係る総収入金額から控除する資産の取得費には、その資産の取得時に支出した購入代金や購入手数料等の金額は含まれるが、その資産の取得後に支出した設備費、改良費の額は含まれない。
  3. 総合課税の譲渡所得の特別控除額(50万円)は、譲渡益のうちまず長期譲渡に該当する部分の金額から控除し、なお控除しきれない特別控除額がある場合には、短期譲渡に該当する部分の金額から控除する。
  4. 個人に対して、譲渡所得の基因となる資産をその譲渡の時における価額の2分の1に満たない金額で譲渡した場合において、その譲渡により生じた損失の金額については、譲渡所得の金額の計算上、なかったものとみなされる。

正解 4

解説

  1. 誤り。譲渡のあった年の1月1日ではなく、譲渡日が基準とされます。ただし、土地建物の場合は譲渡のあった年の1月1日時点の所有期間が基準となります。
  2. 誤り。取得費には、売った土地や建物の購入代金、建築代金、購入手数料のほか設備費や改良費なども含まれます。
  3. 誤り。総合課税の譲渡所得の特別控除額において、短期・長期の両方がある場合には、特別控除額を短期譲渡所得から引き、その後に長期譲渡所得から引くこととなります。
  4. [正しい]。個人に対して、譲渡所得の基因となる資産を時価の2分の1未満の額で譲渡した場合、譲渡により生じた損失額はなかったものとみなされ、損益通算の対象外となります。
したがって正しい記述は[4]です。