宅建試験過去問題 平成20年試験 問7

問7

注意義務に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。
  1. ある物を借り受けた者は、無償で借り受けた場合も、賃料を支払う約束で借り受けた場合も、善良な管理者の注意をもって、その物を保存しなければならない。
  2. 委託の受任者は、報酬を受けて受任する場合も、無報酬で受任する場合も、善良な管理者の注意をもって委任事務を処理する義務を負う。
  3. 商人ではない受寄者は、報酬を受けて寄託を受ける場合も、無報酬で寄託を受ける場合も、自己の財産と同一の注意をもって寄託物を保管する義務を負う。
  4. 相続人は、相続放棄前はもちろん、相続放棄をした場合も、放棄によって相続人となった者が管理を始めるまでは、固有財産におけると同一の注意をもって相続財産を管理しなければならない。

正解 3

解説

  1. 正しい。使用貸借および賃貸借双方において、借主は善管注意義務を持って当該物を保存しなければなりません(民法400条)。
    債権の目的が特定物の引渡しであるときは、債務者は、その引渡しをするまで、契約その他の債権の発生原因及び取引上の社会通念に照らして定まる善良な管理者の注意をもって、その物を保存しなければならない。
  2. 正しい。委託の受任者は、有償・無償を問わず善管注意義務を負います(民法644条)。
    受任者は、委任の本旨に従い、善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負う。
  3. [誤り]。当事者の一方が相手方のために物を保管することを約束し、その物を受け取る契約を寄託契約といいます。寄託者は物を預ける側、受寄者は者を受け取る側です。
    無償による受寄者は自己の財産と同一の注意をもって寄託物を保管する義務を負います(民法659条)。また、有償による受寄者には民法400条が準用されるため善管注意義務を負うこととなります。
    無報酬の受寄者は、自己の財産に対するのと同一の注意をもって、寄託物を保管する義務を負う。
  4. 正しい。相続人は、固有財産におけるのと同一の注意をもって管理しなければなりません。これは相続の放棄をした場合であっても、相続人が管理を始めるまでは同様です(民法918条1項民法940条1項)。
    相続人は、その固有財産におけるのと同一の注意をもって、相続財産を管理しなければならない。ただし、相続の承認又は放棄をしたときは、この限りでない。
    相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。
したがって誤っている記述は[3]です。