宅建試験過去問題 平成13年試験 問6

問6

契約当事者が死亡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。
  1. 委任契約において、委任者又は受任者が死亡した場合、委任契約は終了する。
  2. 使用貸借契約において、貸主又は借主が死亡した場合、使用貸借契約は効力を失う。
  3. 組合契約において、組合員が死亡した場合、当該組合員は組合契約から脱退する。
  4. 定期贈与契約(定期の給付を目的とする贈与契約)において、贈与者又は受贈者が死亡した場合、定期贈与契約は効力を失う。

正解 2

問題難易度
肢121.6%
肢241.8%
肢318.6%
肢418.0%

解説

  1. 正しい。委任契約は、委任者または受任者の死亡によって終了します(民法653条1号)。他に委任者または受任者の破産、受任者の後見開始も終了事由となっています。
    委任は、次に掲げる事由によって終了する。
    一 委任者又は受任者の死亡
  2. [誤り]。使用貸借契約は、借主が死亡した場合に終了します。貸主の死亡によっては終了せず、貸主の地位は相続人に承継されます(民法599条3項
    使用貸借は、借主の死亡によって終了する。
  3. 正しい。組合契約では、組合員が死亡した場合、当該組合員は組合契約から脱退します(民法679条1号)。他に破産、後見開始、除名も脱退事由となっています。
    前条の場合のほか、組合員は、次に掲げる事由によって脱退する。
    一 死亡
  4. 正しい。定期贈与契約では、贈与者または受贈者が死亡した場合、その効力を失います(民法552条)。なお、一般的な贈与(死因贈与以外)では贈与者・受贈者が死亡してもその権利義務は相続人に承継されます。
    定期の給付を目的とする贈与は、贈与者又は受贈者の死亡によって、その効力を失う。
したがって誤っている記述は[2]です。