宅建試験過去問題 平成12年試験 問34

問34

宅地建物取引業者が、その媒介により宅地の貸借の契約を成立させた場合に、宅地建物取引業法第37条の規定に基づく契約内容を記載した書面において必ず記載すべき事項以外のものは、次のうちどれか。
  1. 借賃の額並びにその支払の時期及び方法
  2. 契約の解除に関する定めがあるときは、その内容
  3. 契約の更新に関する事項
  4. 損害賠償額の予定又は違約金に関する定めがあるときは、その内容

正解 3

解説

37条書面(契約書面)への記載事項は次の通りです。
[3]の契約の更新に関する事項は、35条書面では必ず記載すべき事項ですが、37条書面では必ず記載すべき事項ではありません。なぜなら更新条件や更新料は次回の契約に係るものであり、今回の契約内容とは無関係だからです。

したがって[3]が正解です。