土地区画整理法 (全20問中18問目)

No.18

土地区画整理事業の仮換地の指定に関する次の記述のうち、土地区画整理法の規定によれば、正しいものはどれか。
出典:平成14年試験 問22
  1. 施行者は、仮換地を指定した場合において、特別の事情があるときは、その仮換地について使用又は収益を開始することができる日を仮換地の指定の効力発生日と別に定めることができる。
  2. 仮換地となるべき土地について質権や抵当権を有する者があるときは、これらの者に仮換地の位置及び地積並びに仮換地の指定の効力発生の日を通知しなければならない。
  3. 土地区画整理組合が仮換地を指定した場合において、当該処分によって使用し又は収益することができる者のなくなった従前の宅地については、換地処分の公告がある日までは、当該宅地の存する市町村がこれを管理する。
  4. 土地区画整理組合は、仮換地を指定しようとする場合においては、あらかじめ、その指定について、土地区画整理審議会の意見を聴かなければならない。

正解 1

解説

  1. [正しい]。仮換地を指定した場合において、特別の事情があるときは、その仮換地について使用又は収益を開始することができる日を仮換地指定の効力発生日と別に定めることができます(土地区画整理法99条2項)。
    施行者は、前条第一項の規定により仮換地を指定した場合において、その仮換地に使用又は収益の障害となる物件が存するときその他特別の事情があるときは、その仮換地について使用又は収益を開始することができる日を同条第五項に規定する日と別に定めることができる。この場合においては、同項及び同条第六項の規定による通知に併せてその旨を通知しなければならない。
  2. 誤り。仮換地指定の効力発生日の通知は、宅地の所有者だけでなく、仮換地となるべき土地について地上権、永小作権、賃借権その他の土地を使用収益することができる権利を有する者に対しても行う必要があります(土地区画整理法98条6項)。
    不動産の質権者は、質権の目的となっている不動産を使用収益できるので通知の対象となります(民法356条)。一方、抵当権者はその土地を使用収益できる立場にないので通知は不要です。
    前項の規定により通知をする場合において、仮換地となるべき土地について地上権、永小作権、賃借権その他の土地を使用し、又は収益することができる権利を有する者があるときは、これらの者に仮換地の位置及び地積並びに仮換地の指定の効力発生の日を、従前の宅地についてこれらの権利を有する者があるときは、これらの者にその宅地に対する仮換地となるべき土地について定められる仮にこれらの権利の目的となるべき宅地又はその部分及び仮換地の指定の効力発生の日を通知しなければならない。
    不動産質権者は、質権の目的である不動産の用法に従い、その使用及び収益をすることができる。
  3. 誤り。仮換地の指定で、使用収益することができる者のなくなった(仮換地に指定されなかった)従前の宅地については、換地処分の公告がある日までは、施行者が管理することになります(土地区画整理法100条の2)。本肢では、施行者=土地区画整理組合ですから「市町村」としている点が誤りです。
    第九十八条第一項の規定により仮換地若しくは仮換地について仮に権利の目的となるべき宅地若しくはその部分を指定した場合又は前条第一項の規定により従前の宅地若しくはその部分について使用し、若しくは収益することを停止させた場合において、それらの処分に因り使用し、又は収益することができる者のなくなつた従前の宅地又はその部分については、当該処分に因り当該宅地又はその部分を使用し、又は収益することができる者のなくなつた時から第百三条第四項の公告がある日までは、施行者がこれを管理するものとする。
  4. 誤り。仮換地の指定の際して必要となる手続は施行者ごとに異なっています。
    施行者が土地区画整理組合のときは、仮換地を指定しようとする前に総会等の同意を得る必要があります(土地区画整理法98条3項)。
    第一項の規定により仮換地を指定し、又は仮換地について仮に権利の目的となるべき宅地若しくはその部分を指定しようとする場合においては、あらかじめ、その指定について、個人施行者は、従前の宅地の所有者及びその宅地についての同項後段に規定する権利をもつて施行者に対抗することができる者並びに仮換地となるべき宅地の所有者及びその宅地についての同項後段に規定する権利をもつて施行者に対抗することができる者の同意を得なければならず、組合は、総会若しくはその部会又は総代会の同意を得なければならないものとし、第三条第四項若しくは第五項、第三条の二又は第三条の三の規定による施行者は、土地区画整理審議会の意見を聴かなければならないものとする。
したがって正しい記述は[1]です。