宅建試験過去問題 平成28年試験 問49

問49

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
  1. 豪雨による深層崩壊は、山体岩盤の深い所に亀裂が生じ、巨大な岩塊が滑落し、山間の集落などに甚大な被害を及ぼす。
  2. 花崗岩が風化してできた、まさ土地帯においては、近年発生した土石流災害によりその危険性が再認識された。
  3. 山麓や火山麓の地形の中で、土石流や土砂崩壊による堆積でできた地形は危険性が低く、住宅地として好適である。
  4. 丘陵地や台地の縁辺部の崖崩れについては、山腹で傾斜角が25度を超えると急激に崩壊地が増加する。

正解 3

解説

  1. 適切。豪雨による深層崩壊、山体岩盤の深い所に亀裂が生じ、巨大な岩塊が滑落し、山間の集落などに甚大な被害を及ぼします。
  2. 適切。まさ土とは花崗岩が風化してできたものであり、土石流が発生しやすくなります。
  3. [不適切]。山麓や火山麓の地形の中で、土石流や土砂崩壊による堆積でできた地形は、土石流や土砂崩壊が起こる危険性が高く、住宅地としては不適当です。
  4. 適切。丘陵地や台地の縁辺部の崖崩れについては、山腹で傾斜角が25度を超えると急激に崩壊地が増加します。
したがって不適当な記述は[3]です。