宅建試験過去問題 平成15年試験 問49

問49

土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  1. 地形図の上では斜面の等高線の間隔が不ぞろいで大きく乱れているような場所では、過去に崩壊が発生した可能性があることから、注意が必要である。
  2. 断層は、ある面を境にして地層が上下又は水平方向にくい違っているものであるが、その周辺では地盤の強度が安定しているため、断層に沿った崩壊、地すべりが発生する危険性は低い。
  3. がけ崩れは、梅雨の時期や台風時の豪雨によって発生することが多く、がけに近接する住宅では日頃から降雨に対する注意が必要である。
  4. 地形図で見ると、急傾斜地では等高線の間隔は密になり、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔は疎になっている。

正解 2

解説

  1. 正しい。斜面の等高線の間隔が不ぞろいで大きく乱れている理由が、過去に発生した崩壊の起因している可能性があることから、注意が必要です。そのような場所では将来同じような崩壊が起こる可能性が考えられます。
  2. [誤り]。断層は、ある面を境にして地層が上下又は水平方向にくい違っているものです。その周辺では地盤の強度が不安定で、断層に沿った崩壊、地すべりが発生する危険性が高いとされています。
  3. 正しい。がけ崩れは、梅雨の時期や台風時の豪雨によって発生することが多く、がけに近接する住宅では日頃から降雨に対する注意が必要です。
  4. 正しい。地形図では、急傾斜地では等高線の間隔は密(線同士の間隔が狭い)になり、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔は疎(線同士の間隔が広い)になります。
したがって誤っている記述は[2]です。