宅建試験過去問題 平成24年試験 問49

問49

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
  1. 台地は、一般的に地盤が安定しており、低地に比べ自然災害に対して安全度は高い。
  2. 台地や段丘上の浅い谷に見られる小さな池沼を埋め立てた所では、地震の際に液状化が生じる可能性がある。
  3. 丘陵地帯で地下水位が深く、砂質上で形成された地盤では、地震の際に液状化する可能性が高い。
  4. 崖崩れは降雨や豪雨などで発生することが多いので、崖に近い住宅では梅雨や台風の時期には注意が必要である。

正解 3

解説

  1. 正しい。台地は一般的に地盤が安定しており、低地に比べ自然災害に対する安全度は高いです。
  2. 正しい。台地や段丘上の浅い谷に見られる小さな池沼を埋め立てた所は、かつて沼地であった可能性があります。よって、地震発生の場合、液状化することがあります。
  3. [誤り]。丘陵地帯で地下水位が深く、砂質上で形成された地盤は優れた地盤です。地震の際、液状化する可能性は比較的低くなっています。
  4. 正しい。崖崩れは降雨や豪雨などで発生することが多いので、崖に近い住宅では梅雨や台風の時期に注意が必要となります。
したがって不適当な記述は[3]です。