宅建試験過去問題 平成22年試験 問50

問50

建築物の構造と材料に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。
  1. 常温において鉄筋と普通コンクリートの熱膨張率は、ほぼ等しい。
  2. コンクリートの引張強度は、圧縮強度より大きい。
  3. 木材の強度は、含水率が大きい状態のほうが小さくなる。
  4. 集成材は、単板などを積層したもので、大規模な木造建築物に使用される。

正解 2

解説

  1. 適切。常温において鉄筋と普通コンクリートの熱膨張率は、ほぼ等しくなります。
  2. [不適切]。コンクリートは、引張強度より圧縮強度の方が強いです
  3. 適切。木材は、乾燥しているほど(含水率が低いほど)強度が強くなります。
  4. 適切。集成材は、単板などを積層したもので、体育館などの大規模な木造建築物に使用されています。
したがって正しい記述は[2]です。