平成28年度賃貸不動産経営管理士試験問題 問17

けんさん
(No.1)
平成28年度賃貸不動産経営管理士試験問題
問17

  賃貸借契約と使用貸借契約との異同に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1  貸主が死亡した場合、使用貸借契約は終了するが、賃貸借契約は終了しない。

2  使用貸借契約の終了に当たっては、賃貸借契約の終了時に必要とされることがある正当事由は必要とされない。

3  使用貸借契約の対象建物が売却された場合、賃貸借契約と異なり、借主は当該建物の買主に対して使用貸借契約を対抗することができない。

4  使用貸借契約の借主は、賃貸借契約の借主と異なり、対象建物の通常の必要費を負担する。


宅建試験より、中には、難しい問題があり、近年  宅建試験から似た問題が出題されている。




宅建試験過去問題 平成27年試験 問3
問3
AB間で、Aを貸主、Bを借主として、A所有の甲建物につき、①賃貸借契約を締結した場合と、②使用貸借契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。  

1  Bが死亡した場合、①では契約は終了しないが、②では契約が終了する。

2  Bは、①では、甲建物のAの負担に属する必要費を支出したときは、Aに対しその償還を請求することができるが、②では、甲建物の通常の必要費を負担しなければならない。

3  AB間の契約は、①では諾成契約であり、②では要物契約である。

4  AはBに対して、甲建物の瑕疵について、①では担保責任を負う場合があるが、②では担保責任を負わない。





2019.05.01 15:26

返信投稿用フォーム

※宣伝や迷惑行為を防止するため当サイト以外のURLを含む記事の投稿は禁止されています。

投稿記事削除用フォーム

投稿番号:
パスワード: