民法の規定及び判例(財産法) (全183問中138問目)

No.138

次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。
出典:平成16年試験 問7
  1. 土地の所有者は、隣地から雨水が自然に流れてくることを阻止するような工作物を設置することはできない。
  2. 土地の所有者は、隣地の所有者と共同の費用をもって、境界を表示すべき物を設置することができる。
  3. 土地の所有者は、隣地から木の枝が境界線を越えて伸びてきたときは、自らこれを切断できる。
  4. 土地の所有者は、隣地から木の根が境界線を越えて伸びてきたときは、自らこれを切断できる。

正解 3

解説

この問題に対する解説はまだありません。